赤ちゃんのお肌を守りたいならベビーソープは優しさで選ぶ

13 2月 2017 | By hrmadmin in ベビースキンケア

ただ単にベビーソープを選ぶだけなら、選び方は無数にあります。

たくさん存在しているベビーソープの中から一番安くて経済的なものを選んでもいいですし、我が子とのバスタイムを癒しの空間にしたいのであれば、香りの好き嫌いで選ぶのも良いでしょう。

それとも無添加ベビーソープの中から選ぶ、オーガニックベビーソープの中から選ぶなど選び方には幅があります。

ですが、赤ちゃんのお肌を肌トラブルから守ってあげたいと考えるのであれば、ベビーソープは優しさ重視で選ぶことをおすすめします。

やさしさと対になるのは刺激とかなので、お肌に刺激が加わると肌トラブルにつながりそうなのはなんとなく理解頂けると思います。

ではベビーソープのやさしさはどのようにして判断したらよいのでしょうか?

やさしさの判断基準がとても大事ですね。

化粧品に配合される成分についての知識がすごくて成分を見るだけで善し悪しを判断できちゃいます!という方はごく少数だと思います。

そのため、成分の専門家でなくてもある程度お肌に優しいベビーソープかどうかを判断できる基準があると便利ですよね。

それが実はあります。

どのように判断するかというとポイントは2つです。

①無添加の記述があるかどうかを確認してあればどのような成分が無添加なのかチェックする
②配合成分数は少な過ぎるのもダメですが、なるべく少ないものを選ぶ

これで結構善し悪し判断ができちゃいます。

無添加の対象となる成分は当たり前ですが、お肌にとって良くないであろう成分です。

そうでなければ、無添加とわざわざアピールしてまで入っていないことを主張する意味ありませんね。

成分知識がないといっても無添加の対象となる成分を色々なベビーソープで見ていくと共通した成分が多いことに気付かれると思います。

だいたい化粧品に使われる良くない成分なんて決まっています。

全ての成分知識を身に付けるのは難しくても無添加の対象となりがちな成分はある程度知っておくと便利です。

そして、お肌に良くない成分はなるべく多く入っていない方が良いのですから、無添加の対象成分が多いベビーソープかどうかを確認します。

そして候補を絞ってその中からなるべく成分数の少ないものを選ぶことをおすすめします。

赤ちゃんのお肌を守ってあげたいけど、どのようにベビーソープを選べばいいかわからないというママさんは是非参考にしてみてください。